BLOG

母の存在

父が末期癌で入院しても、私は仕事もあるし週に2日ほどしかしか帰れず。
妹は地元金沢にいるけど、子供が2人、うち1人は受験生で看護師と不規則なので、
思っているほど父のそばにいることができず、
父を1人にさせることが多く、どうにもできずにいたとき。

父の姉は2人いるけど、病の重さを理解していなくて全然来ないし、
ここは頼るのは残りこの人しかいないかと声をかけてみた。

です。

母は私が11歳の時に実家と折り合いが悪く家を出ていて、
その後、20歳頃までは父と妹と4人で外で過ごすことはあったけど、
結局、父が実家を出る決断(母を選ぶ)ができずに別居25年の末に離婚しています。

特に叔母との折り合いが悪かった(みんなそうなのです・・・)ので、
叔母が父の病院に出入りしていれば絶対に来なかったのだけど、
それがないと知り、来てくれました。

入院していて、父がこんなにも嬉しい顔をするなんて!と思うほど、
母が来たとき、過去になく一番、特別に嬉しい顔をしました。
誘って良かったと本当に思いました。

それからも、何度も母は来てくれます。
そして、私や妹が行けない時、父が1人で寂しいと言っているから、
とお願いした時も、1人で病院へ行ってくれました。

かつては、大っ嫌いで、できる限り避けてきたけど、
これほどまでに母に対して、感謝の気持ちを抱いたことはないと思う。

父の病気がきっかけで、私の環境や気持ちが勝手に良い方向に変化してきています。
なんて不思議なことでしょう。私にとっては、この変化はすごいことです。

これから、今までできなかった分の親孝行をしようと、
病院の近くで、見上げた空から差し込む光を見ながら、心に誓いました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP