BLOG

風邪を引いて分かったこと(心と身体は対である)

こんにちは!安田朱里です。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

わたくし、11月中旬のシンガポール戻りから風邪を引いてしまい、約3週間近くも体調を崩してました。。。

心浄術ヒーリングを始めて、ヒーラーになってからというもの、体調を崩すことも自然と減り、ずっと体調が良かったのですが。

体調が悪いと。

・思考が鈍る、判断を誤る
・どうでも良くなる

・気力がなくなる
・とにかくしんどい、怠い
・何もかもイヤ!

気持ちが塞ぎ込みがちってホントに良いこと無いですね(笑
風邪を引いただけで、こんなに投げやりな気持ちが芽生えるとは。思ってもみませんでした。。。

ちなみに、ヒーラーだからと言って、特別にいつも完璧でいるわけでもないですー・・・

気持ち的に塞ぎ込んだり、憂鬱な気持ちになって、しんどいとおっしゃるクライアント様の状態もこういった自分自身の体調不良で改めて理解することができました。

しかし逆に、これが一生続くことではないということも私は感じました。
今回は3週間という私にとっては長い期間、体調不良が続きましたが、風邪であれば、

熱を計る=>風邪であるかの現状を知る
症状に応じて医者に行く=>対策を探す
薬を飲む、寝る=>対策を実行する
熱を計り下がったかを知る=>検証する

完治!

小難しく整理したら、何だかビジネスにおけるPDCAサイクルに似てるなぁ(笑

例えば、今の自分が望む状態でなければ、自分の望む状態をイメージして、そこに近づくにはどうしたら良いのか?を整理して、”動く”ということをすれば、いづれそこにたどり着くのでは?とこういう整理をしたら思えてしまいますね!

今の自分を見つめて必要なことを一つずつ見つけて、それをクリアしていく。この繰り返しなのかなぁと。風邪を治すのも心浄術ヒーリングの影響で自分を良い方向へ導くのも結局は自分自身。

私には今、この先にやりたいことがあるけど、それがまだできていない。
理由は簡単。
必要がないものを捨て、新しいものを選ぶ。
実行していないから。何も動いていないから。
ただそれだけだと思う。

私自身もセルフヒーリングをしているけど、ヒーリングの力で何かが変わるだろうと待っていても、まわりの環境は勝手に変わらないし、幸せはやってこない。何か見つけたら、そこへ向かって自分自身の判断で動かないといけない。

タイミングではない、というのは一つあるかもしれない。
だけれども、どこかのタイミングでは、決断をしないといけないと思う。
決断しないと次に行けない、動けない。

でも私は、絶対にそこに向かいたいと思っているので、そのタイミングは必ず来ると自分を信じています。

そして、今回は風邪をひきてしまったことで、心の持ちように影響しました。
心と身体は対であると言うことも改めて体感したところです。
だからこそ、身体も心も健康でいないといけないなぁと。

風邪をひいてしまったのも、私の心の汚濁を取り出すための通過点で、何かが身体から出ようとしている?と前向きに考えつつ、少しずつ体調も回復いたしました。

風邪が流行ってますが、皆さんもお気をつけくださいねっ❣️

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP