BLOG

家族という存在

皆さんこんにちは。
いかがお過ごしでしょうか。

コロナ禍で外出自粛が続いたり、
生活が一変して不自由な日々を送られている方も多いと思います。

私は私で、この先の自分をどう過ごしていくのが良いのか、
もっと深く言うと、どう生きていけば良いのかを考える時間になっています。

不安が全くないというと嘘になります。

妹は医療に従事しているし、
母はまだ70歳前だけど年齢的に心配、

叔母も80歳近くで一人暮らしだし心配、
相方も人と多く会う仕事なので心配。。

と、ふと考えると家族のことばかり気にかかります。

そして。

そんな最中に叔母から電話をもらい、私のことを心配して気にかけてくれて。

家族がバラバラになったことを叔母のせいにして責めて恨んで来たのに
そんな気持ちでいた自分が情けなく、叔母の優しさに気づかされました。

コロナの情勢はまだまだ続くと思うけど、
私にとってはとても大きな気づきをもらえた出来事になってます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP